fbpx

音域を広げる地声と裏声のつなげ方、ファルセット練習法

マイクを持つ女性 ボイトレ

嵐にも曲提供したシンガーソングライターの岡部真由美です。

 

地声とは、生まれつきの声、自然な発声で出す声のことで、

裏声とは、地声からまさに、裏返った声のことです。

ファルセットとも呼ばれます。

自然な発声では出せない、技巧的な高音のことを言います。

 

地声ではしっかり声が出るのに、裏声では急に弱くなってしまう。

または反対に、裏声はしっかり出るのに、地声は安定せず弱い。

という方もおられるでしょう。

 

地声と裏声の境い目での切り替えは、なかなかむずかしいですよね。

私も昔は裏声が弱く、音程も安定しなかったので、

その境い目で声質が変わってしまうことが、とても残念でした。

どうずれば、地声と裏声の境い目をスムーズに歌えるようになるのか、

さまざまな練習法を試した結果、解決することができました。

強い裏声が出せるようになると、音域も広くなり、表現力も増えますよね。

今回は、どんな練習法があるのかを紹介したいと思います。

マイクを持つ女性

最初は裏声を、「ア~」ではなく「ウ~」か「ホ~」で出す

まず、ア~で裏声を出してみてください。

ア~の口のカタチでは、息がもれてしまうので、最初は強い音が出ません。

でも、ウ~かホ~で裏声を出してみると、息がもれにくいのでさっきより大きな声が出ます。

ウ~かホ~で裏声を出しながら、声がどの部分にビリビリと響いているのかを観察してみてください。

前歯や唇、おでこなど、顔の前面が響いているのが正解です。

口の中も、広げてみたり、すぼめたりして、声の変化を聞いてください。

口もたてに開けてみたり、横に開けてみたりもしてみてくださいね。

自分の裏声がどこに響くと、どういう声になるのかをじっくり研究してください。

 

強い裏声がまったく出ない方は「タラちゃんです~」がオススメ

いろいろと裏声の出し方を変えてみても、強く響くところがまったく見つからない方は、

「サザエさん」の「タラちゃん」の声を真似て、「タラちゃんです~」と言ってみてください。

どうですか?

鼻がしっかり響いて「タラちゃんです~」の声になっていますか?

このとき、息がもれることなく、集中的に顔の上半分に響いていることが理解できますね。

上前歯や上あご、鼻、おでこに声が響いて、強くしっかりした裏声がでたことでしょう。

この出し方を覚えておいてください。

 

ウ~での裏声が安定してきたら、他の母音を強化する

ウ~やホ~の口のカタチが、裏声を出すのに一番わかりやすいのですが、

慣れてきたら、イ~や、エ~や、オ~や、ア~など、他の母音でも練習してみましょう。

それぞれ口のカタチ(開け方)がちがうので、少し工夫が必要ですね。

どの母音も同じくらい、強く、いい声が出るように練習しましょう。

 

高音から低音まで途切れずにサイレンのように声を出してみる

パトカーのサイレン音、ご存知ですか?

ウ~~~と高い音から低い音に変化しながら、ずっと音がつながっています。

あのサイレンのうように声を出してみることが、とてもいい練習になります。

まず、高めの裏声からスタートして、だんだんと低い音に変化させていきます。

そのとき、あるタイミングで声がガクッと変化しましたか?

裏声から地声に変わるとき、最初はスムーズにつなげることがむずかしいかもしれません。

でも、だんだんとのどが慣れるにつれて、スムーズな移行ができるようになります。

小さな声で行う方がいいですよ。

なかなかうまくつなげられないときは、唇をブルブルさせながら発声するとうまくいきます。

唇が乾いているとブルブルしずらいので、リップなどで保湿してくださいね。

また、人差し指で口角をおさえると、唇が引っ張られないのでやりやすいです。

この方法は、男性ロックシンガーがよく用いる練習法です。

B’z の稲葉さんもこの練習法で、あの高音を鍛えておられました。

 

ミックスボイスはこの練習の延長線上にあります

低い声も高い声も、スムーズに出せることができたら音域もかなり広がりますね。

裏声が地声と同じような強く、パワーのある声で出せるようになれば、

ライブでもかなり注目されるでしょう。

Jポップの曲はほとんど、高いキーで作られています。

高い声が出ることが、あこがれであったり、歌のうまさの象徴だったりします。

それはなぜか。

誰もができることではないからでしょうか?

練習をがんばった人だけがたどり着く、特別な歌唱法だからでしょうか?

高い声をきれいに、力強く出せるひとの歌には誰もが惹かれますね。

あなたも練習次第で、そんな魅惑の高音ボイスを手に入れられるかもしれません!!

低音から高音まで、スムーズに歌いこなせる声を「ミックスボイス」と言います。

ミックスボイスに関しては、こちらの記事をご覧ください。

 

それではみなさん、練習がんばってくださいね~。

 

まとめ

裏声は誰でも鍛えることができます。

鍛えれば鍛えるほど、どんどん強くなってパワフルに、またつややかな声に変化していきます。

それにはまず、自分ののどがどういう状態で発声しているのかを、しっかり観察してください。

ただなんとなく、発声するのではなく、

こうするから、こうなるんだ!と自分ののどや体を確認して、状態を知りましょう。

たまに録音して、客観的に聴いてみることもオススメです。

「声がどんどん変化し、良くなってる!!」 という達成感を味わうと、

努力することが、ますます楽しくなっていくことでしょう。

あなたの夢が実現することを応援しています。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

全7話あなたが変わるデビュー講座 無料プレゼント

タイトルとURLをコピーしました