fbpx

ビブラートはファルセットで練習する「裏声のトレーニング」

ビブラート歌唱法 ボイトレ

嵐にも曲提供したシンガーソングライターの岡部真由美です。

 

ビブラートは練習すれば、誰にでもできる歌唱法です。

ロングトーンで伸びた声の最後の方にビブラートがあると、とても気持ちよく聞こえますね。

また、のどの周りの筋肉も鍛えられるので、

さまざまなテクニックも同時に手に入れることができます。

「のどか速く動く」ということは、速いリズムも歌で出せるようになります。

今回は、ビブラートの練習のしかたを解説したいと思います。

動画での解説はこちらから↓

【ボイトレ初級編】ビブラート練習法

ビブラートはファルセット(裏声)で練習する

ビブラートは、半音で動いている声を早くすることで表現できます。

たとえば、ウ~の裏声でド~シ~ド~シ~ドシドシドシドシ、、、と速くしていくとビブラートになっていきます。

こちらの音声を聴いてください。

いかがですか?

まずはしっかり、はっきりと、音程を歌う練習をしましょう。最初は、ウ~やホ~の音がいいですよ。

のどの周りの筋肉も、身体の筋肉と同じように、最初は固く、動きづらいものです。

しかし、動かしていくうちにだんだん柔らかくなって、よく動いてくれるようになります。

まずはゆっくりから、だんだんと速めていく練習をしましょう。

ファルセット(裏声)で行うことで、ファルセットの声の強化にもつながります。

声が大きく響きやすいところを探しながら行うことで、どんどん声も強くなっていきます。

ウ~の音でできるようになってきたら、ア~の音でも練習してみてくださいね。

 

ファルセットでのビブラートができるようになったら地声で練習

ファルセットで細かくのどが動かせるようになり、半音の動きもスムーズになってきたら、

地声でも練習してみましょう。

地声ではのどの動きがより、動きづらいと思いますので、ゆっくりと時間をかけて練習します。

下の音声はア~で、ファ~ミ~ファ~ミ~の音で歌っています。

このように、ゆっくりとのどを動かすことによって、のどのまわりの筋肉が柔らかく、動きやすくなっていきます。

あせらず、毎日じっくりと取り組んでください。

短時間でも構わないので、一日のうち何度も動かすことが、歌の上達につながります。

しかし、のどを動かすことの練習をおろそかにして、あごや首を動かしてビブラートっぽいことをしている人もいますね。

あごの動きでは見た目も良くないし、本当のビブラートではないので変です。

もし、そんな歌い方をしている人がいたら、あきらめないで練習しましょう。

 

のどがしっかり動くようになって、ビブラートもできるようになると、もっともっと表現力が増えていきます。

どんな歌唱法がマスターできるようになるのかは、次で説明しますね。

 

16分音符で歌えると、R&Bのフェイクもできるようになる

私はアメリカの黒人音楽ソウルミュージックが大好きで、たくさんカバーやコピーをしてきました。

エモーショナル(感情的、情緒的)で、パワフルな歌にあこがれていたんです。

アレサ・フランクリンやエタ・ジェイムス、マライヤ・キャリーやメアリー・J・ブライジなどなど、

R&B独特のリズム感や言葉ののせ方、息のまぜ方、フェイクを研究しました。

ビブラートを使いこなし、のどの動きを自分でコントロールできるようになってくると、

さまざまな歌い方ができるようになります。

ビブラートもある日突然、できるようになっていた!

そんな感じです。

あせらず、地道にがんばってくださいね。

 

まとめ

ビブラートはまず、ウ~かホ~の音で、ファルセットの声で練習する。

ファルセットの方がのどが動きやすいので、はやくコツをつかむことができる。

慣れてきたら、地声でもゆっくり動かすところから練習する。

毎日、動かすことが大切です。

ビブラートができるようになると、あなたの歌は格段に上達します。

じっくり取り組みましょう。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

全7話あなたが変わるデビュー講座 無料プレゼント

タイトルとURLをコピーしました